年金基金の総資産残高を減らしたのは日本だけ

 タワーズワトソンのグローバル・ペンション・アセット・スタディーの調査によると、2011年の
   世界13カ国の主要年金市場
における年金基金の総資産残高は
   28兆ドル(前年比+4%)
となり、過去最高を記録した。

 サブプライムローン問題からリーマンショックに発生で08年には
   同残高が年間で21%減少
し、06年の水準まで落ち込んだ。
 09年に前年比で17%増加し、以来増加傾向が続いている。

 01年に15兆ドルだった世界の年金基金の資産は
   米ドル建てで年平均6%成長
を達成してきた。

 世界13カ国は、オーストラリア、カナダ、ブラジル、フランス、ドイツ、香港、アイルランド、日本、オランダ、南アフリカ、スイス、英国、米国。

 なかでも米国は世界最大の年金市場で
   13カ国の資産総額の59%を占有
している。
 日本は12%、英国が9%を占めた。

  過去10年の年平均成長率(現地通貨換算)が最も高いのはブラジルで14%。
 次いで南アフリカ13%、香港10%、オーストラリア9%と続いた。
 一方、最も低いのが日本でマイナス1%、次いでフランスが1%、スイスとアイルランドがそれぞれ4%だった。

  また、対実質国内総生産(GDP)でみた年金資産の割合が最も高い国はオランダで133%、次いでスイス115%、米国107%、英国101%となった。
 2001年との対比では
   13カ国中12カ国が上昇
しており、落ち込んだのは日本のみだった。

 日本は対01年比マイナス1%となった。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック