フランス 国債を発行し調達コスト低下

 フランス政府は格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が
   最上級の「AAA」格付け
を引き下げてから初の中長期債入札で、2・3・4年債を合わせて
   79億7000万ユーロ相当
を発行したが調達コストは格下げ前よりも低くなった。

 スペインは2016年と19年、22年にそれぞれ期限を迎える債券計
   66億1000万ユーロ相当
を発行した。
 目標上限は45億ユーロだった。
 
 落札利回りは16年償還債を除き、前回入札時を下回った。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック