コンバインドサイクル発電

コンバインドサイクル発電
       (combined cycle)
 ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた複合発電方式
 最初に圧縮空気の中で燃料を燃やしてガスを発生させ、その圧力でガスタービンを回して発電を行う。
 ガスタービンを回し終えた排ガスは、まだ十分な余熱があるため、この
   余熱を使って水を沸騰
させ、蒸気タービンによる発電を行う。
 
 この発電方法を使うと同じ量の燃料で、通常の火力発電より多くの電力をつくることができます。同じ量の電気をつくるのに、CO2の排出量が少ないすぐれた発電方法です。

 構造は一般的な火力発電よりも複雑となるものの
   小型の発電機
をたくさん組み合わせて大きな電力を得ることができ、電力需要に敏速に対応できるというメリットがある。

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック