CMEグループ

 シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ
   Chicago Mercantile Exchange"の略で、"The Merc"とも呼ばれる。
 
 アメリカ合衆国のシカゴにある
   北米最大の商品先物取引所
   金融先物取引所
で日本語では、「シカゴ・マーカンタイル取引所」と訳される。
 
 1898年にシカゴ・バター・卵取引所としてシカゴ商品取引所から独立し、1919年に
   シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)
に改組した。
 電子取引時代の到来を予見した
    先物の父
と呼ばれる
    レオ・メラメド氏
        (Leo Melamed)
の先見性等により、伝統的なセリ方式の取引手法を電子取引システムへと革新し大きく躍進した。
 なお、メラメド氏は日本人外交官杉原千畝氏の発行したビザのおかげで子供の時にホロコーストから逃れ、米国にたどり着いたといわれる。
 
 その取引量は世界最大規模で、また日経平均株価の先物・オプション取引も取り扱っており、日本国内の投資家の注目度も高い。
 
 また、グローバル化に対応するため、ロイターと共同開発した24時間取引が行える電子取引システムの
   Globex(グローベックス)
も提供している。

 2007年7月にCBOT(シカゴ商品取引所)を買収、また、2008年3月にNYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)を買収した。
 これにより、CMEグループは、金利・株式・原油・穀物・貴金属の先物などを幅広く扱う世界最大のデリバティブ取引所となった。

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック