馬英九

馬 英九
  (1950年7月13日 - )
 中華民国の政治家
 法学博士(ハーバード大学)
 
 中国湖南省湘潭県馬家堰が故郷であるが香港の九龍で出生した。
 1950年、両親とともに台湾に移住し、台北市で育った。

 国立台湾大学法律学院法律系(法学部法学科)卒業し中山奨学金の給付生としてニューヨーク大学大学院修士課程及びハーバード大学大学院博士課程を修了した。
 ハーバード大学在学中は
   波士頓通訊(ボストン通信)
という国民党系列紙の編集長に就任した。
 
 大学院修了後は
   メリーランド大学法学部研究顧問
   ボストン第一銀行法律顧問 など
を務めた。
 また、ニューヨーク市内の法律事務所で弁護士として活動するなど法律家としてのキャリアを重ねた。
 
 英語に堪能であり、CNN記者との対談も自ら英語でこなした。
 
 1981年、帰台した馬英九は政府によって総統府第一局副局長に抜擢された。
 主に蒋経国総統の通訳(英語)を担当、1984年には
   国民党中央委員会副秘書長
   1988年に行政院研考会主任委員兼大陸委員会(陸委会)工作匯報執行秘書
   1990年に国家統一委員会研究員
1991年に陸委会副主任委員兼スポークスマンに就任するなど行政経験を積んだ。
 
 1993年に連戦が行政院長に就任すると馬英九はその要請を受け法務部長に就任する。
 法務部長在任中は
   地方の汚職・不正政治資金摘発
に辣腕を振った。
 一方、死刑制度に批判的姿勢を示し、1996年に行政院政務委員に就任している。
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック