オペル Opel

オペル(Opel )
 正式社名 アダム・オペル(Adam Opel GmbH )

 ドイツ・ヘッセン州リュッセルスハイム(Rüsselsheim )を本拠とする自動車メーカー

 創業者はアダム・オペル(1837年-1895年)でミシン、自転車の製造を経て、5人の息子達によって1899年に自動車製造を開始した。

 ルッツマンやフランスのダラック車をライセンス生産して技術を修得したもので、1902年に独自開発車を完成した。
 なお、一方ではモーターサイクルも製造したが、後年に事業をNSUに売却している。

 この後、シトロエンから設計が酷似していると訴えられた大衆車「ラウフプロッシュ(雨蛙)」等の成功でドイツ国内の大手自動車メーカーとなった。

 その後、アメリカ資本流入が激化した1931年、GMの完全子会社となった。ただ、第二次世界大戦中にGMはナチスの圧力で権利を放棄し、ブリッツトラック等を製造していたが、1948年にGMが権利を回復している。

 競合するフォルクスワーゲンのVWビートルの対抗車として1962年、新設のボッフム工場生産で

    新型 カデット(仕官候補生)

を登場させ、ビートルと熾烈な競争を展開した。
 このカデットは、FRの極常識的な設計としては、手頃な価格や広い室内とトランク、信頼性の高さで人気を得た。  
 以後、オペルは中型車「レコルト」とその上級仕様「コモドーレ」、大型車「アドミラル」/「ディプロマート」も擁し、ヨーロッパ有数の自動車メーカーに成長した。

   

この記事へのトラックバック