官民投資プログラム(PPIP)

 米国政府主導で不良資産を買い取る

    官民投資プログラム(PPIP)

は、約200億ドル規模で開始される可能性があることが明らかになった。

 同プログラムが3月に発表された当初には最大で1000億ドルとされていた。

 ただ、このプログラムの詳細が公表されていないとして、ブルームバーグの取材に対し匿名を条件に応じた同関係者によると、財務省はPPIPに参加する

    資産運用会社8-10社

に約11億ドルずつ提供する見込みという。

 各社も不良資産を購入するため、それぞれ約11億ドルを調達するというもので、約 100億ドルの政府保証融資を含んでいるとした。
   

この記事へのトラックバック